誰でもメイク上手になる!鏡の効果的な使い方

June 7, 2018

メイクする時、皆さんはどんな鏡を使っていますか。
 


今回はメイクが上達する効果的な鏡の使用方法をお伝えしていきます。


 

メイクに使う鏡の大きさはどのサイズがベストなのかご存知でしょうか。

 


顔からバストまで映る大きさは、
髪型、トップス(洋服)とのバランスもわかるので理想的ですが、
逆に大きすぎて使いずらさを感じてしまう事もあります。



一方、ファンデーションコンパクトなど、
化粧品のアイテムに付属している鏡は
顔全体が見えないので最も使いにくいサイズだと言えるでしょう。

 
まずは顔全体がちょうど映る程度の大きさの卓上鏡を用意しましょう。


顔全体が見える大きさの鏡が準備できたら、
今度は持ち手がある手鏡タイプの鏡を用意します。
 
 

卓上鏡を正面に置き、メイクを仕上げる。


今度は手鏡で斜め上から、
横からなど、
色々な角度からメイクの仕上がりを確認していきます。



眉尻の向きが自眉とズレていないか、
ファンデーションやチークを塗った境目が強調されていないか
顔に塗りムラがないかをチェックするのを忘れないようにしていきましょう。



三面鏡がなくとも、
卓上鏡と手鏡で合わせ鏡をして、
自分の顔を様々な角度から見てメイクの仕上がりを確認することができます。


外出時の鏡の活用方法なら、
お化粧直しする時は
化粧台の鏡に対して、携帯カメラを自撮モードにして、
合わせ鏡のように使って見るのもおすすめです。 


また、ショーウィンドーのガラス越しに映る自分を確認したり、
車のダッシュボードに手鏡を常備しておく等、
普段の生活の中で鏡を取り出せて確認できる環境を作ってみましょう。


自分のキレイを生み出す環境作りも大切なこと。
自分の美を磨くツールは特別なものでもなく、
日常のありふれた、自然と目に入るものからでも始められます。

 

Please reload

Recent Posts

Please reload

メルマガ購読希望のかたはこちらをクリック

Search By Tags